TERA

TERA -The Exiled Realm of Arborea-の情報を配信。 各国のアップデート情報などを掲載。

【コラム】サービス開始から4ヶ月、今年のTERAを振り返る

TERAに期待していたプレイヤーには、4月20日韓国で行われた記者懇談会は記憶に新しいはずだ。
懇談会では最初の大規模アップデート、「破滅の魔獣ケルサイク」の発表ほか
2011年下半期から2012年上半期にかけてのロードマップも発表された。

キーワードは協力と対立、そして抗戦だ
協力と対立
大規模PvP、PvEをモチーフとしたイメージ


1、"夢の破片"争奪戦
導入予定時期(韓国):2011年第3四半期
大規模サーバー間PvPイベント
アルンとシャラの夢の断片である"夢の破片"を巡る闘争。
夢の破片は高級アイテムや強化用アイテムと交換する事ができる。
サーバー内PvPからサーバー間闘争、SvSに拡張をする。

サーバー内抗争として、ギルド戦・フィールドPvP・PK・領主と執政官
サーバー間抗争として、サーバー侵攻・サーバー共同区域を実装。

2、アルゴンの"黒い裂け目"
導入予定時期(韓国):2011年第4四半期日程(前半)
大規模フィールドPvEイベント
フィールド上に現れる"黒い裂け目"から発生するアルゴン軍団に
サーバー内プレイヤーで行われる大規模PvEを実装。

3、サーバー共同区域"アガイア"
導入予定時期(韓国):2011年第4四半期日程(後半)
1で取り上げたSvSの中核をなすシステム。
領主の上位システム執政官が取り仕切る、複数のサーバーとプレイヤーが交差する共同区域。
サーバー侵攻への通り道ともなる。
執政官と領主はアガイアの中で隕石召喚など大規模スキルを使用する事ができる。
夢の破片はアガイア内で行われるPvP、PvEで獲得する事が可能だ。

4、空中都市"ジュラスの箱舟"
導入予定時期(韓国):2012年
移動可能な空中都市、執政官と領主の配置が可能で戦闘指揮も執り行われる。
アガイア上空にも移動させる事ができ、兵器運用としての構想も。


ロードマップ
発表されたロードマップ


2011年内に予定されていた計画の1つも導入できていないのが現状だ。
記者向けの発表であるため、計画の失敗はスポンサーへの信用にも関わりかねない。
PvEに関しては22日で実装されるのでは?という情報もあり、まだ不明である。

現在は欧米に向けてのローンチを行っていると4Gamerのインタビューでも回答がなされている。
「TERA」ではこれからどのようなアップデートが予定されているのか。開発元のBluehole Studioに展望を聞いてみた

開発状況も全く公開されておらず、このままお蔵入りしてしまうのではという不安も拭い切れない。
韓国ではTERAの惨状を目の当たりにし、ハイスペックMMOの延期が相次いでいる。
G-Star 2011閉幕と「TERAショック」

構想としてはよく練られているだけに、実装されていないのが非常に残念だ。
TERA・攻略ブログ
[ 2011/12/19 16:55 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

スポンサードリンク


フラワーナイトガール
ワールド&キャラクターガイド


フラワーナイトガール
―ハバネロ隊長と六花の芸術交流祭―


TERA エリーン桜花月影・幻流ver

Twitter