TERA

TERA -The Exiled Realm of Arborea-の情報を配信。 各国のアップデート情報などを掲載。

韓国GO通信「新クラス:ソウルリーパー第一部」

go0108_01.png 
新クラス ソウルリーパー
「タンククラスを作って欲しい」、「銃を扱うクラスを作って欲しい」
「オールラウンドなクラスを作って欲しい」、「鞭!鞭を!!」
皆さんはどのような新クラスを予想してましたか?
TERAのチームは誰が見ても面白くなければならないという共通の命題で新クラスの開発を開始しました。
1に、誰でも簡単にプレイできるように操作法を簡単にすること。
2に、今までのTERAになかったた楽しさをプレゼントすること。
3に、胸がドキドキする、新鮮なコンセプトのクラスであること。

「楽しさ」というテーマの下に整えていき、少しずつ輪郭を現した「ソウルリーパー」!
今からご紹介いたします。


ソウルリーパー作成条件
レベル50から開始されるソウルリーパーをより楽しくプレイするためにはTERAの基本的な知識が必要です。
したがって、ソウルリーパーは最低レベル40以上のキャラクターをサーバー内に保有している場合にのみ、
キャラクター作成が可能
です。

ソウルリーパーを作成するキャラクタースロットが埋まってしまっている方もおられるでしょう?
ですが心配なさらないでください。
このような悩みをお持ちのお客様のために、チェックローンチの時点で
キャラクター作成スロットを1つ拡張するアイテムが女神の贈り物を介してすべてのユーザーに支給いたします。
キャラクター作成スロットは、最大12個まで拡張可能となります。


能力装備とデザイン装備
ソウルリーパーをはじめとし、今後新たに出現する装備アイテムは、
能力装備とデザイン装備(アバターアイテム)で区分されます。
能力装備は現在のような装備を意味しますが、見た目が変化しない装備となり、
デザイン装備とは、現在のアバターアイテムのように
性能はないが、装備デザインを変えてくれるようになります。
これは高性能のアイテムが出て装備を交換しても、自分のお気に入りの装備デザインを維持し、
見た目も能力装備と別に着飾ることができるという意味になります。
また、新装備では能力装備と見た目装備が区分され、既存のデザイン抽出システムは削除されることになります。
(早い話、アバタースロットのように好きな装備デザインを被せられるということです。)


go0108_02.png 

クラスコンセプト
TERAのクラスは大きく近距離クラスと遠距離クラスに分類されています。
そこで、「近距離と遠距離クラスのプレイの利点を適切に洗い出し
中距離型のクラスがあった場合はどうだろうか」という考えに至り、
その結果、ソウルリーパーというキャラクターが誕生することになりました。

ソウルリーパーは、既存のディーラーとは少し違った戦闘方式を持っています。
適度に離れた距離から敵を攻撃している途中で必要に応じて瞬間的に敵へ近づき
致命傷を与え、再び悠々と駆け抜けるOUT IN OUT式の戦闘
を行うことができます。
射程距離が長く、敵から比較的容易に攻撃を避けることができますが、
被ダメージも他の軽装備系に比べて高い方なので、様々な連携スキルを積極的に活用して敵の攻撃を拡散させ、
距離を適切に調節しながら攻撃できます。


新しい形の連携システム
ソウルリーパーは、従来のTERAの楽しい操作方式の一つである
連携システムの良さが強く表れています。
既存のウォーリアーとスレイヤーの連携方式と似ていますが、
はるかに多様な連携方式とスキルの組み合わせが可能なように構成されています。
スレイヤーとは異なり、2~3つの中間連携スキルが存在して任意に選択することができ、
連携スキル同士でも連携が可能で、様々なコンボの構成が可能です。
これらの新しい連携方式は、プレイパターンを豊かに提供するでしょう。


操作難易度
TERAの戦闘は「慣れるまでに長時間必要な難しいゲーム」です。
しかし、ソウルリーパーはどのようなユーザー操作してもTERAに容易に適応できるキャラクターかつ
簡単に適応できても、完璧に操作できるというわけでもなく
多くの努力をすればするほど強くなるキャラクターになることを目指しています。

ソウルリーパーは基本的な生存を容易にするために、様々な生存スキルが存在し、
これに対する操作方法は非常に単純です。

スキルのほとんどが使用中に危ない瞬間が訪れたとき​​にディレイなしですぐに回避することができ、
回避スキルを最大2回まで連続使用でき、回避失敗の負担を軽減してくれます。
連携方式が多様で複雑になりましたが、操作に慣れていないユーザーも
簡単にこれを体得できるように連携スキルキー(デフォルト:スペースキー)が役立ちます。
ソウルリーパーの連携スキルキーシステムは、連携の優先順位とスキルクールタイムを検出して
出力するように改善され
、この機能を使用するだけでもスキルの連携をより簡単かつ効率的に使用することができます。


ソウルリーパースキル

1.2連スキル
2連スキルは既存の連携コンボとは異なり、2回連続使用可能なコンボスキルを他のスキルと併用して、
必要なタイミングで使用するようにしてくれるシステムです。
つまり、合計2回の使用が可能なスキルを1回使用した後、再び残りの1回を希望するタイミングで使用可能である意味で、
現時点では跳躍と飛剣振り回しスキルに適用されます。
go0108_03.jpg
▲瞬間跳躍を1回使用して左に移動した様子

go0108_04.jpg
▲瞬間跳躍を連続使用して元の位置に戻る様子


2.反撃スキル
反撃スキルは、より挑戦的なコントロールを必要とするユーザーのために誕生しました。
敵が攻撃するタイミングに合わせて反撃スキルを使用すると、敵の攻撃を回避し、
敵を貫通してダメージを与える強力な攻撃スキルが発動されます。
反撃スキルは失敗した場合、短い時間ですが敵に弱点を露出しますので充分注意する必要があります。
go0108_05.jpg
▲反撃に成功して敵を突き抜けるソウルリーパーの様子


3.位置交換スキル
位置交換スキルは発射して命中させた敵と自分の位置を交換して有利な位置を先取りする技術です。
敵と自分の位置を変えることで敵の陣形を破壊したり、有利な位置を先取りし、
または逃走する時にも積極的に利用することができるスキルです。
位置交換の条件を満たしている場合、一定時間の間にチェックが必要なタイミングで位置を交換することができ、
ソウルリーパーを活用した新たな戦術を作ってことに期待しています。
go0108_06.jpg
▲位置交換が可能な状態で位置交換を待機しているソウルリーパーの様子

go0108_07.jpg
▲位置交換を使用して敵とソウルリーパーの位置が交換された様子


4.飛剣回転刃
飛剣回転刃は完全な中距離スキルとして一定距離に回転する飛剣を飛ばして
回転する刃で打撃を与えた分HPを回復するスキルです。
このスキルは、ディーラーでも自分でHPを管理することができる強力なスキルですが、
適正距離の敵に正確に命中させなければ、大量のHPを回復することができない高難易度のスキルです。
飛剣振り下ろしスキルとの連携時に距離の調整が非常に有用となるでしょう。
go0108_08.jpg
▲回転刃を使用した様子


5.リバースリーシュ
リバースリーシュスキルは敵を鎖で縛った後の鎖を引いて敵に飛んでいくスキルで
瞬間的に敵に近接するためのスキルです。
敵に近接して、より確実に攻撃を命中させることができる手段となります。
go0108_09.jpg
▲ソウルリーパーがリバースリーシュを使用して敵に飛んでいく姿


6.闇の暗幕
闇の暗幕は、モンスターから死亡に至る強力なダメージを受けたとき
10分に1回だけ死亡を防いでくれるパッシブスキルです。
闇の暗幕が発動すると死亡する代わりにその場で転倒し、
一定量のHPが回復して、一定時間受けるダメージが減少します。
しかし同時にHP回復が不可能であるため、この効果時間が経過するまで、
できるだけ敵の攻撃を回避しながら、回復ポーションを使用したり、ヒーラーに回復を要求する必要があります。
go0108_10.jpg


TERA初の新クラス!
「ソウルリーパー」に一歩近づくことができたでしょうか?
まだまだ公開される情報は、ここで終わりではありません!
次回にさらに関心を引くソウルリーパーだけの情報を持ってまたお伺いします。
もうしばらくお待ちください


GO通信「新クラス:ソウルリーパー第一部」
TERA・攻略ブログ
[ 2014/01/08 23:10 ] 韓国TERA | TB(0) | CM(2)
デザイン装備いいな
[ 2014/01/09 10:47 ] [ 編集 ]
楽しそう(小並感)
[ 2014/01/10 11:14 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

スポンサードリンク


フラワーナイトガール
ワールド&キャラクターガイド


フラワーナイトガール
―ハバネロ隊長と六花の芸術交流祭―


TERA エリーン桜花月影・幻流ver

Twitter