TERA

TERA -The Exiled Realm of Arborea-の情報を配信。 各国のアップデート情報などを掲載。

止まらない接続人数の減少、この先どうなるのか

プレイヤーならすでに感じているであろう過疎感。
ゲーム内でも接続人数などの話題を目にする人もいるだろう。

しかし、ハンゲームはTERAの接続人数を公開していない

4Gamerが行った、潮田氏へのインタビューでもはっきりと明言されている。
http://www.4gamer.net/games/048/G004803/20110912035/


ではこうした話題は何処から出てくるのだろうか?


公式サイトでも確認できるように、ギルド所属者であればログイン状況を確認する事ができる。
これを利用して、2ちゃんねるの有志が計測を行っているようである。

そして計測結果を下記のサイトに反映させているようだ。
http://nobita.jp/tera/

膨大な数を計測する方法は割愛させていただくが、公式で公開されない以上
こちらのサイトはゲームの内情を考慮しても、信憑性が高いのは確かだ。

しかし、これらの方法ではギルド無所属者の数は知る事ができず
またギルドに所属しているBOTも含まれるなど問題点が考えられるのもまた事実だ。


定量プランが相次いで発表されるなど、ユーザーの課金体系の多様化しており
同時接続人数から売り上げが本当に予測できるのか?
という不信感も拭い切れない。


パーティー必須のインスタンスダンジョンがメインコンテンツである現状、
MMOとして人が少ないのは致命的であり、過疎化のスパイラルを起こしかねない。

韓国TERAではサーバー統合を2回行っており、
有料コンテンツとして制限はあるがサーバー移動券も販売されているようだ。

しかし日本では未だに有料アイテムは実装されず、パッケージなどに留まっている。

以前紹介した、"T-cat"と同時に導入するのでは?という憶測も飛び交っており、
顔の見えない運営に多くのユーザーが困惑を隠しきれない。

このまま幾多のMMOのように埋もれてしまうのだろうか?
TERA・攻略ブログ
[ 2011/12/11 12:01 ] 日本TERA | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

スポンサードリンク


フラワーナイトガール
ワールド&キャラクターガイド


フラワーナイトガール
―ハバネロ隊長と六花の芸術交流祭―


TERA エリーン桜花月影・幻流ver

Twitter