TERA

TERA -The Exiled Realm of Arborea-の情報を配信。 各国のアップデート情報などを掲載。

救済となるか?サーバー間パーティーマッチングシステム

すでにご存知の方もいるだろう。
11月24日に韓国ではサーバー間パーティーマッチングシステムが実装されている。

韓国でもサーバーによって人口の偏りが生じており、
一部サーバーではパーティーを編成する事が困難だったことも重なり、期待をを受けていた。
今回は判明している簡単な概要について取り上げていこう。


レーダーの下にアイコンが追加され、クリックすることでマッチングシステムのUIを開く事ができる。
まず最初に自分が担当する役割を選択する。

構成枠はタンカー1名・アタッカー3名・ヒーラー1名の5名に固定されており、

タンカーにはランサーのみ
アタッカーにはウォーリアー、バーサーカー、アーチャー、スレイヤー、ソーサラー
ヒーラーにはプリースト、エレメンタリスト

と現在はクラスごとに申請できる枠が決められているが、今後複数の枠へ申請できるようアップデート予定だ。


次に、マッチング可能なインスタントダンジョンのリストから
自分の希望するインスタンスダンジョンを選択する、この時複数のダンジョンを同時選択が可能だ。

しかし着用装備のアイテムレベルが希望するダンジョンの推奨アイテムレベルを満たしていない及び、
入場クールタイムが存在している、1日の入場制限超過していた場合はマッチング不可能となる。

また、敵対ギルドメンバーやPKとマッチングされた場合、マッチング申請は自動キャンセルされる。

各インスタントダンジョンで要求されるアイテムレベルはパーティーマッチングシステムのUI画面から確認が可能だ。
また、適正レベルから外れている場合はリストに不適正ダンジョンは表示されない。


申請後はレーダー下にアイコンが追加され、マッチング状況を確認する事ができる。
マッチング完了時には確認ウィンドウが表示され、承諾するか拒否するか30秒以内に選択しなければならない。
承諾後はインスタントダンジョン内に自動転送される。

入場後一切操作せずに一定時間が経過すると警告メッセージが表示され、
脱退する・追放されるのいずれかの行動を行うと15分間システムを利用できない弱虫デバフ状態になってしまう。


パーティーリーダーはメンバーの中から以下の条件を満たした人物が選定される。
優先順位1、インスタンスダンジョンのクリア回数が一番多いキャラクター。
優先順位2、装備のアイテムレベルの平均値が一番高いキャラクター。
優先順位3、ランダム選出。

パーティーリーダーが持つ権限は通常と変わりないが、インスタントダンジョン内でしか変更はできない。

インスタントダンジョン内で欠員が生じた場合、追加募集を行うか確認するウィンドウがポップする。
募集を選択すると欠員の募集をする事ができ、このまま続行を選択すれば募集せずに進行も可能だ。

補充された要員にはメールで補給品が送られ、指定された様々なアイテムの受け取ることができる。


サーバー間パーティーマッチングでは入場時にバフが与えられ、
タンカーは敵対値+5%獲得のバフを得ることができる、
アタッカーやヒーラーにもダメージ増加などのバフが与えられるが、体感できない微々たる物のようだ。



インスタンスダンジョン内では一般・パーティーチャット以外のチャットを利用することができず、
キャラクター名には所属サーバーが表示され、トレードも行う事ができない。

以上が簡単な概要だ、実装当初は多くのプレイヤーが申請をして賑わっていた。


が、問題点も多々あり現在では利用者が激減する要因となっている。


脱退者が出ても手動で招待する事ができないため、途中参加を許容するプレイヤーを待つ必要がある。
しかし途中参加を希望するプレイヤーは当然のことながら少なく、
ランサーやヒーラーなど重要職が脱退した場合、長時間マッチング待機を余儀なくされてしまう。


また、パーティーリーダーに権限が集中するため、
暴利的なユーザーがリーダーになった場合に権限を利用して横暴を働く恐れがある。


当初は入場時にIDのクールタイムが発生していたため、このような事例が大問題となった。
全サーバーからランダムでマッチングされるために、自衛手段も無かったのだ。
現在はこのような事態を防ぐために、クールタイムを初回戦闘時からカウントされるように変更がなされたが
根本的な解決には至っていない。
パーティーメンバーの詳細情報も正常に表示されておらず、当初は晒し行為等を防ぐためと思われたが
単なるバグであった。

エンドコンテンツ帯のインスタンスダンジョンでは装備ドロップの関係から、
アタッカーの職被りが問題となり、全く利用されていない。
問題を解決するため、同クラスのマッチングを最大2名にする修正がなされたが、効果はほぼなかった。


育成レベル帯では好評のようだが、レベル58に到達したプレイヤーには不満なシステムのようだ。
現在も少しずつ改良がなされており、日本実装時にはいくつかの問題も改善されるだろう。

だが多くのプレイヤーが望んでいるのはサーバー統合であり、
このシステムはそれを阻害してしまうのではないだろうか?
TERA・攻略ブログ
[ 2011/12/13 00:00 ] 欧米TERA | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

スポンサードリンク


フラワーナイトガール
ワールド&キャラクターガイド


フラワーナイトガール
ヤクノヒナホシと嵐を呼ぶボートレース


TERA エリーン桜花月影・幻流ver

Twitter