TERA

TERA -The Exiled Realm of Arborea-の情報を配信。 各国のアップデート情報などを掲載。

NVIDIA InspectorでTERAの画質を向上させてみる その3

guaaaaaa.png



NVIDIA InspectorでTERAの画質を向上させてみる その1 (必読)

NVIDIA InspectorでTERAの画質を向上させてみる その2

NVIDIA InspectorでTERAの画質を向上させてみる その3



ここで紹介するのは私の環境での設定例ですので、参考程度にお願いします。

Compatibility



アンビエントオクルージョンとアンチエイリアスの適用に必要な設定です。

nvin_setting01.png

Ambient Occlusion compatibility:「0x00000025」を選択。
Antialiasing Compatibility:「0x000100C5」を選択。


Antialiasing



アンチエイリアスの設定項目です。

nvins_setting02.png


Antiailiasing - Behavior Flags:どのAAを優先するかの設定、ここでは「None」を選択。
Antiailiasing - Mode:動作条件、ここでの設定を優先したいので「Override any application setting」を選択。
Antiailiasing - Setting:適用するAAを選択、倍率が高いほど負荷も大きくなります。
               普通は4xか8x辺りをオススメします。
Enable Maxwell sample interleaving(MFAA):Maxwellの一部グラフィックカードに搭載された機能、
                              わかる人だけOnでいいと思います。
NVIDIA Predefined FXAA Usage:FXAAの使用有無、一応TERAでもサポートされていますが文字にまで適用されてしまうため非推奨です。

Texture Filtering



テクスチャの設定、ざっくり言えば見た目の設定です。

nvin_setting03.png


Anisotropic filtering mode:異方性フィルタリングという言葉なら聞き覚えがあると思います。
                 その動作モード、ここでは「User-defined / Off」を選択。
Anisotropic filtering setting:異方性フィルタリングの精度。画質を求めるならx16ですが、重いので私はx12にしています。
Texture filtering - Anisotropic filter optimization:異方性フィルタリングの最適化有無、x16以外の方は「On」で構いません。
Texture filtering - Anisotropic sample optimization:上記サンプル点抽出部分の最適化、こちらも「On」を選択。
Texture filtering - Negative LOD bias:静止状態での画質処理、許可するの「Allow」選択が無難です。
Texture filtering - Quality:「High Quality」一択です。

Common



その他の設定項目。

nvin_setting04.png

Ambient Occlusion setting:アンビエントオクルージョンの設定、「Quality」を選択します。
                  「High Quality」はドライバ非公式サポートの設定かつ、重いので非推奨です。
Ambient Occlusion usage:アンビエントオクルージョンを使用するかどうかの設定、ここはそのまま「Enabled」を選択します。
Muliti-display/mixed-GPU acceleration:意味のままディスプレイの最適化設定、御自分の環境に合わせて選択してください。

残りの設定項目についてはグラフィックカードの動作設定が大半を占めていますので弄る必要はありません。


設定の適用



nvin_setteing05.png

ここまでの設定が完了したらツールバー右上にあるApply Changesボタンをクリックすればプロファイルの適用が完了します。

設定を戻したい


  • TERAを起動しても動かない。
  • 画面が暗転したまま進まない。
  • 画面がチラつく。


上記のような症状が出る場合、設定にミスがあるか設定が合わないかのどちらかです。
こればかりはハードウェア環境によって異なりますのでどうしようもないです。

こうした場合にはデフォルト設定に戻す事で元の状態に回復する事ができます。

nvin_setteing06.png

ツールバー中央付近にある緑色のNVIDIAアイコンをクリックすることで
プロファイル設定を元に戻す事ができます。
設定をデフォルトに戻したらApply Changesをクリックして反映させましょう。

画像比較サンプル


  • ゲーム内オプション(プリセット6)
    teraaa_sample01.png
    ゲーム内オプションでのAA適用比較、ジャギーの有無がわかりやすい


  • ゲーム内AAとNvidia InspectorのAA
    teraaa_sample02.png
    キャラクターの輪郭が若干丸くなったほか、装飾やオブジェクトが細かく描画される



最後に



その1で述べたとおり、それなりに負荷をかける設定変更になります。
利用は自己責任でお願い致します。

TERA・攻略ブログ
[ 2016/05/31 01:00 ] 雑記 | TB(0) | CM(2)
INIファイルについて
アンビエントオルクールジョンを設定するに当り、TERA側のINIファイルの同項目を無効にする必要はないのでしょうか?
また、同じくTERA側のINI(ベースエンジン及びそれらをもとに生成されるINIファイル)ファイル内にマルチサンプリングAAなどの設定項目が存在するのですがそちらの数値を0に変更する必要はないのでしょうか?インスペクターの設定は確実に優先されるなら変更の必要はないのかな?
結構無限ロールに突入するかもですw
[ 2016/06/02 10:59 ] [ 編集 ]
Re: INIファイルについて
・アンビエントオクリュージョン(AO)について
CompatibilityではAOの影の濃さなどの表現、Commonでは強度を調整したにすぎませんのでINI編集は不要です。

・アンチエイリアス(AA)について
第2回の説明でゲーム設定からTERAゲームエンジンでのAA適用無効化作業を行っています。
その後第3回ではドライバがAAを適用する方法をとっており、
「Override any application setting」でTERA.exe
つまりゲームエンジン設定よりもNVIDIA Inspectorの設定が優先されるよう設定しています。
よってこちらもINI編集は不要です。
[ 2016/06/03 19:28 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

スポンサードリンク


フラワーナイトガール
ワールド&キャラクターガイド


フラワーナイトガール
ヤクノヒナホシと嵐を呼ぶボートレース


TERA エリーン桜花月影・幻流ver

Twitter