TERA

TERA -The Exiled Realm of Arborea-の情報を配信。 各国のアップデート情報などを掲載。

GMノート「ここが知りたい!- ギルド対抗戦&ギルド改編 -」

gn160628.png


こんにちは、GMルキナです^^

最近ギルド対抗戦&ギルド改編がホットな話題として浮上していますが、
新たに追加されるコンテンツということもあり、懸念の声も多くあります。
守護者の皆さんからも「開発者ノート ギルド対抗戦&ギルド改編」について
熱心な質問と大きな関心を頂きました。

守護者様の声に耳を傾け、質問の内容をピックアップして開発者の方々に
インタビューをするお時間を御用意してみました。

さて、それではどういったお話をされたのか確認してみましょう。



Q1.ギルド対抗戦4つ目の内容がイマイチ理解できません。
(引用:4.戦略と戦術、一定時間毎に出現する逆転ネームドを討伐時、
大きな報酬と特殊効果がギルド全員に付与されます。)
 ギルド戦のフィールド(PK)でPvEモンスターを倒すのか、PK不可能なエリアでモンスターを倒すのか
 詳しく説明してください。

A. ギルド対抗戦エリアでは常時ギルド間PvPが可能です。
 モンスターはギルド対抗戦が進行中、最大3匹まで出現します。
 小規模ギルドや大規模なPvE性向の強いギルドにも報酬の獲得機会が多くなるように、
 ラストアタックを得た人が所属しているレイドに報酬取得権利が与えられ、
 所属ギルドにはバフが付与されます。
 ギルド無所属の人がラストアタックを決めた場合は報酬のみ所属しているレイドメンバーに与えられます。


Q2. ギルド対抗戦の報酬をPvPギルドが独占してしまう懸念があり、
 中小規模ギルドでは少し肩身が狭いような気がしますが、何か対抗策はあるのでしょうか?

A. ギルドの最大登録人数をアカウント単位で120名に制限し、
 数百人規模の超巨大PvPギルド連合が独占できないよう計画しています。
 ギルド対抗戦の一環であるモンスター報酬はラストアタックを決めたレイドが対象となりますので、
 ギルドの規模に関わらず、中小規模ギルドにも報酬を獲得する機会があります。
 また、勝敗に大きな影響を与えないようバフの効果よりも報酬に比重を置いています。
 つまり、報酬がメインでバフはおまけという認識で見ていただければ良いと思います。
 中小規模ギルドにはモンスター報酬が魅力的でありますし、
 大規模ギルドだからといって簡単にプレイすることができるわけではありません。
 ギルド対抗戦はPvPギルドにスポットを当てたコンテンツです。
 今後はPvEギルドのためのリードコンテンツも夏に続いてアップデートされますのでお楽しみください。


Q3. ギルドリニューアルをされてもギルドメンバーの接続率の低いギルドには厳しいです。

A. 中小規模ギルドだからといって大規模ギルドと比べて効率が落ちるわけではありません。
 小型と大型ギルドの経験値獲得量の差はさほど大きくはなりません。
 少なくとも5人いればギルドミッションを十分遂行できるようにしており、
 この点については細心の注意を払っています。
 遂行がまだ困難であれば基準をさらに緩和して改善を進めてまいります。


Q4. PvPよりもPvEを好むユーザーが多いと思うのですが、
 PvPコンテンツをアップデートするのは何故ですか?

A. すべての傾向のユーザーが楽しめるよう開発計画を立てており、
 PvPユーザーを優遇したりPvEユーザーを排斥するような意図はありません。
 無差別なPvPによってPvEユーザーが被害を受けないように、
 誰もが満足できるコンテンツ開発をしていく所存です。


Q5. ギルド対抗戦アップデートよりもサーバー統合やバランス調整が優先されるべきだと思いますが、
 アップデートが最初なのは何故ですか?アップデートプロセスに問題はありませんか?

A. サーバー統合はより完成度が高い準備をしようと遅れているようです。
 内部でも一貫して考慮してきた事であり、今月9月には実施される予定となっています。
 (運営移管によるログインキュー増加で3個サーバーを追加する処置が取られています。)
 バランスパッチは今回の場合、単純なバランス調整だけでなく既存クラスのリニューアルが進行されます。
 8~11月の間に、既存クラス改編が予定されていますので今しばらくお待ちください。


Q6. 消耗品が多く倉庫スペースが不足がちなので、ギルド倉庫を仕様変更の前に
 まず個人倉庫を増やしていただけませんか?ほぼ使用されていないアイテムの統廃合もして欲しいです。
 あとギルド倉庫の氾濫により、ギルドコミュニティが適切に運用されていないため
 ギルド倉庫の一時回収とおっしゃっていますが、これの因果関係がよくわかりません。
 ギルド倉庫を回収する理由は何でしょう?

A. ソロギルドは本来意図していた利用方法ではなく、現在事実上無制限にギルド倉庫生成が可能です。
 一部のユーザーがこれを乱用しており、過剰にシステムリソースを占有するなどデメリットが大きくなっています。
 ですのでソロギルドを減らし、ギルド全体の数が適切に維持されるよう期待しています。

 TERAを長くプレイしてくださっている方々の個人倉庫スペースが不足している問題につきましては
 応急としてアバター倉庫を1タブ増加支給し、
 9月までには通常倉庫も最大8タブまで開放可能に修正する予定です。
 (ギルド倉庫もギルド成長で再び開放可能となる予定です。)
 また多くの戦闘消耗品は7月に統廃合される予定となっており、不必要なアイテムが倉庫を圧迫する現状を
 少しずつ解消してまいります。


Q7. ギルドスキルのメリットであるバフ適用範囲はどうなっているのでしょうか?
 最低でも戦場、ダンジョンでは適用なしにしてギルド対抗戦とフィールドだけに抑えて欲しいです。
 また、ギルドバフの効果によってはギルド加入を強制されかねないですし
 ギルドに入っていなければコンテンツへの参加が難しくなりませんか?

A. ギルドスキルはギルドマスターが使用して、一定時間メンバーの攻撃力や防御力上昇幅の大きい
 アクティブスキルと常時適用されますが効果の小さいパッシブスキルで構成されています。
 戦場では公平性を保つため、アクティブ・パッシブスキルともに適用されません。
 ダンジョンではパッシブスキルは適用されますが、アクティブスキルは適用されないため
 相対的な剥奪感を生まないよう能力を微調整しました。

 ギルドの成長に応じて最大で力5、クリティカル発生5増加などのメリットがあります。
 これはLv65ユーザー基準で見れば戦闘能力差は1%程度となっており、
 ギルドに加入していなくてもPvEコンテンツに制約はありません。
 ソロでプレイしたいユーザーにギルドを強要するほどのバランスにはしません。

 ですが、上級ユーザー基準では小さな差も非常に大きくなりますので
 5人程度の小規模ギルドでも1週間ギルドを成長させれば80~90%の成長でき
 3週間ほどで大規模ギルドと変わりない戦闘能力メリットが得られる仕様となっています。


Q8. 先着ミッションで召喚するモンスターは大規模ギルドに独占されませんか?
 これの対抗策はあるのでしょうか?

A. 先着ミッション自体はギルドの規模に関係なく公平であり
 小規模ギルドが召喚書を獲得した場合は大規模ギルドと交渉して
 モンスターを召喚するか否かの決定権があります。
 最悪の選択は皆が欲に負けて誰もモンスターを召喚しない状況であり、
 最良の結果は参加者が協議してレイドメンバー編成して満足いく報酬を分け合うことです。

 報酬は1~3等までゴールドと最強装備ボックス(トレード可)などがドロップされます。
 ゲーム開発者としてユーザーがどのような選択をするか尊重しています
 ですが今後のアップデート後に問題が発生した場合にはバランス調整をする予定です。


Q9. 社会人や学生ライトユーザーのための30分程度遊べるコンテンツの追加予定はありますか?

A. ライトコンテンツは継続して開発しており。
 黎明の島、天空の闘技場、試練のダンジョン、ラクシスの記憶など
 マッチング不要で時間を問わず遊べるコンテンツが上半期に多く実装されましたので
 積極的な御利用をお願いいたします。


Q10. 召喚書のフィールドネームド討伐可能回数について教えてください。

A. 説明文で指定された場所で使用時に1匹モンスターが召喚され、呪文書自体に有効期限があります。
 試験運用期間中は1週間に6匹、正式リリース後は1週間に3匹まで討伐可能となる予定です。
 ディール寄与パーティー(レイド)順位に応じて1~3等報酬を獲得する事ができる仕組みです。


Q11. ギルド対抗戦の背景は60年前となっていますが、今は何年でしょうか?
 設定年表や世界観、ストーリーが気になります。クエストはあるのでしょうか?

A. ギルド対抗戦自体にはクエストがありませんのでクエストを通じて時代背景は追えません。
 ただし、ギルド対抗戦フィールドNPCなどの台詞から類推可能にしてあります。
 時代背景について簡単に説明すると以下の通りになります。

 ヒューマン族にかけられた放浪の呪いが女神ヴェリックによって解かれ、
 現在のアルン大陸に定住したヒューマンは都市ヴェリカを建設しヴェリックを奉りました。
 定住元年から10年後、ヴェリカが完成すると豊かなアルン大陸にデヴァ帝国が侵攻を開始します。
 危機を迎えたヒューマン族はポポリ族と連合を組み、デヴァ帝国を北に追いやり、
 敗走したデヴァ帝国は障壁を作り北アルン大陸に後退しました。
 後日、Lv61~65成長区間のストーリーに登場するアークデヴァ帝国が誕生することになります。
 ギルド対抗戦はデヴァ帝国を追い出した後、外的の脅威がなくなると内部の利権を巡って
 様々なギルドと種族が内戦を繰り広げた時代にプレイヤーは利権を握るため
 時空の亀裂を介して過去の内戦に参加し、歴史を変える戦いに参加することになっています。
 この内戦はアルゴン侵攻ともに終結し、「ヴァルキオン連合」が設立されるまで何年も続きます。
 もしアルゴンが現れなければずっと続いていたかもしれませんね。
 第1次アルゴン侵攻以来、数十年が過ぎ
 皆さんがご存知のようにティアラニアの守護者という身分を隠して黎明の島出身の兵士として
 ティアラニア引いてはアルボレアを救う旅に出るメインストーリーと繋がっています。


Q12. ギルドクエストの内容を教えてください。

A. ギルドクエストは「ダンジョン討伐」、「戦場勝利」、「採集」の大きく3つに分かれています。
 シーズンダンジョンはすべてギルドクエストに含まれる予定となっており、
 ギルドミッションはギルドウィンドウのミッションリストから選択が可能です。


Q13. 先着ミッションは先着順に受注するのでしょうか?

A. NPCから受注するのではなく、ギルドウィンドウのギルドミッションリストから受注できます。
 先着ミッションはランダムな時間に収集することができ、ギルドミッションは毎晩0時に初期化されます。
 ただし、早朝は停止されすぐには開始できないようになっています。


Q14. 先着ミッション召喚書とはどんなものですか?倉庫保管は可能なのでしょうか?
 アイテムの仕様を教えてください。

A. 召喚書は獲得した人に帰属され、トレードも不可能となります。
 また獲得した当事者のみが使用可能です。
 加えて期間制アイテムとなっており、時間がすぎると自動消滅します。


Q15. ギルドスキルには移動速度増加に加えて、他にどんな能力があるのでしょうか?

A. ギルドスキルはアクティブとパッシブスキルに分かれており、
 アクティブスキルにはギルドマスターの元に招集するものや瞬間戦闘力上昇などがあります。
 パッシブスキルには移動速度や力、耐久上昇などがあります。


Q16. フィールドネームドでPKは可能なのでしょうか?

A. フィールドネームドは一般フィールドで行われるため、無法者宣言スキルを使えば可能です。
 ですがそんな状況で無法者宣言スキルを使えばどうなるか想像してみてください。




GMノート「ここが知りたい!- ギルド対抗戦&ギルド改編 -」
TERA・攻略ブログ
[ 2016/06/28 18:53 ] 韓国TERA | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

スポンサードリンク


フラワーナイトガール
ワールド&キャラクターガイド


フラワーナイトガール
エピソードコレクション2


TERA エリーン桜花月影・幻流ver

Twitter