TERA

TERA -The Exiled Realm of Arborea-の情報を配信。 各国のアップデート情報などを掲載。

開発者ノート「ソーサラーリファインガイドと改善予定のご案内」

sorc_elin.png


こんにちは、TERAバトルチームのギムデヨウンです。

今日のGMノートでは、7月21日アップデートされた
ソーサラーリファインの追加改善予定事項についてご案内したいと思います。

加えてバランス調整のための機能とスキルエフェクト演出に関する
戦闘システムの改善の進捗状況もご説明してまいります。



エフェクト演出強化と最適化に関する問題



ソーサラーリファインでスキルエフェクト演出が変更になると発表した時
多くの守護者の方が期待以上に懸念を表されました。
主にゲームパフォーマンスの低下や他のソーサラーによる視覚的疲労度が増えるという問題です。

すでに一部の守護者の方々はお気づきかもしれませんが、
他のソーサラーキャラクターが使用するスキル演出がやや控えめになっていると思います。
ゲームプレイ時に他のソーサラーが守護者の方々に与える影響が少なくなるように
現在意図的に光源効果とエフェクト強度が低下されています。

gn160804_01.png
▲術者の視点

gn160804_02.png
▲他人から見えるエフェクト



ソーサラーの適正DPS(秒間ダメージ)レベル



ソーサラーリファインアップデート後に実際の運用状況とコミュニティの反応を確認する一方、
改善点が適正なレベルであるかどうか指標モニタリングを行っています。
ソーサラーのDPSは今回の改善で想定した水準となっていますが
守護者の方々の研究を確認してみるとまだ伸びる余地があります。

そこで今回のパッチで小幅下方修正を行うか検討しましたが、
8~9 月中の他のクラスのバランス調整が予定されているだけに、
その後の状況を見て改めてバランス調整が行われる予定です。

ソーサラーは動きが鈍いモンスターを基準に
平均比約10%程度の高レベルDPSを出すことを目標にしています。

したがって回避と移動が多く要求される戦闘状況では、
近接クラスがやや高いレベルのDPS出すこともあります。

ただし、これは現在の武器クリスタルの後方クリティカルダメージ増加数値が非常に高いため
すべてのクラスが後方から攻撃するように強要されているためであり、
モンスター後方を維持することが難しい遠距離ディーラークラスは
モンスターの行動が活発になるほど大きなペナルティを背負うことになります。

この問題は、後方判定範囲の変更や武器クリスタルのバランス調整が必要な事項ですが、
後方攻撃がもっと高いDPSを出すことを維持しつつ、
後方以外からの攻撃と格差がないよう改善を進める予定となっています。



ソーサラーリファイン関連の追加改善事項



リニューアル以前のGMノートでPvEでの威力上昇がPvPにも影響を与えないようにし、
その水準を保つとお話ししたと思います。
それに伴い威力が上昇したスキルはPvP威力が下方修正されましたが、
その内容が7月21日のパッチノートから欠落していました。
この場を借りてお詫び申し上げます。

アップデート後から攻撃速度が遅さがPvPのバランスに大きく影響を与えることを確認し、
バランス調整および操作の不便を改善しました。

現在までに確認された問題について、以下の改善点を適用する予定であり、
これらは8月11日パッチに適用する予定となっています。

  • 次のスキルの攻撃速度が上昇します。
    ・【フリーズグラウンド】、【パンブラスト】、【マナバースト】
    ・PvPでの使用率が高いスキルの詠唱速度をリニューアル前に準ずるレベルに上昇しました。

  • 以下のスキルのPvP威力が上昇します。
    ・【メテオインパクト】、【アドヴェントパルス】、【フレイムピラー】
    ・現在のPvPで威力が低下しているのは戦闘消耗品効果が適用されていないことによります。
     この問題は、戦場装備の効果変更により改善進行予定です。

  • 【サンダーフォール】の詠唱速度が上昇し、威力が低下します。(それぞれ約15%)
    ・サンダーフォールは既存マグマボムに相当するCC(群集制御)連携をそのまま活用することを想定していましたが
     距離によって連携が多少困難な状況を確認しました。
    ・追加攻撃速度増加オプションなしで連携が可能となり詠唱速度が上昇しました。

  • 【メテオインパクト】、【強化メテオインパクト】スキルが後方跳躍で詠唱中断可能となります。
    ・スキルの魔法陣が演出後から既存の同じように移動すると、スキル詠唱キャンセルが可能です。
    ・隕石落下中も後方跳躍スキルを使用して詠唱をキャンセルすることが可能となりました。

  • フロストボール】のエフェクトに合わせて攻撃範囲が縮小しました。(約25%)

  • 【ディストーションフィールド】の効果が変更されます。
    ・すべての攻撃を無効化可能となり、使用時MPが少量回復するように変更されます。
    ・ディストーションフィールドの効果適用中には魔力強化の効果が適用されません。
    ・ディストーションフィールドの効果適用中にもスキル詠唱が可能に変更されます。



※ 参考:ディストーションフィールドの効果は幾度か変更されています。
その理由は無敵効果が適用され、当たり判定を受けずMP回復が適用されなかった問題にあります。
検討の結果、初期の効果に戻すこととなりました。
効果を無敵判定に戻しつつ被弾時MP回復効果ではなく、使用時MP回復に変更となります。


ディストーションフィールドの下方修正について



ディストーションフィールドにつきましては詳細なご説明があります。

ユーザー懇談会、ギルド対戦、レイドFGTに参加したと熟練TERA守護者様を対象に、
バランス関連の調整とソーサラーリファイン計画を申し上げ、
インタビューを通じてフィードバックを頂きました。

当然ディストーションフィールドに対して多くの意見を頂き、
他の方法での下方修正案も提案されました。

1) ディストーションフィールドとマナアクセラレーションに共有クールタイムを適用する。
2) ディストーションフィールド適用時、マナアクセラレーション効果の除去する。
などの貴重なご意見をいただきました。

そして下方修正を実施致しましたのは、8秒毎に2秒間無敵となるというスキルは
PvPバランスを調整する上で大きな障害と考え、下方修正するのであれば
その状況に合わせて、他のバランス調整あるいは新規スキル追加が必要だと考えました。

それでもディストーションフィールドを旧効果に戻す事となりましたのは、
これまでソーサラー楽しんでいた守護者の方々の立場からすれば
変化そのものが衝撃的だったこともあり、
適応して研究するのに時間が必要でディストーションフィールドの下方修正は
予想よりも大きな影響を与えてしまったと判断したことによります。

アップデート後も関連動向を毎日確認しながら、
守護者の方々からのフィードバックを取り入れてバランスのパッチを進められるようにしてまいります。

長文を読んでいただき感謝を申し上げます、
さらに面白いゲームを作るため、常に最善を尽くしてまいります。

ありがとうございました。


開発者ノート「ソーサラーリファインガイドと改善予定のご案内」

TERA・攻略ブログ
[ 2016/08/04 23:26 ] 韓国TERA | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

スポンサードリンク


フラワーナイトガール
ワールド&キャラクターガイド


フラワーナイトガール
ヤクノヒナホシと嵐を呼ぶボートレース


TERA エリーン桜花月影・幻流ver

Twitter